The Swellers - "The Light Under Closed Doors" CD

型番 IG-042
販売価格 1,980円(内税)
購入数

2013年ICE GRILL$リリース

2012年に10周年を迎えたTHE SWELLERSがFueled By Ramenより移籍後、約2年振り5作目となるニューアルバムを遂にリリース!日本国内では大ヒット作となった2ndアルバム「My Everest」以来実に3作振りの国内盤化。ボーナストラックとして前作EPを完全収録!

■ボーナストラック7曲収録

-----

Track Listing //
01. Should
02. Big Hearts
03. Got Social
04. High/Low
05. Great Lakes State
06. Becoming Self-Aware
07. Friends Again (We Can't Be)
08. Designated Driver
09. Favorite True
10. Call It A Night
11. Hands *
12. Let Me In *
13. Bad For Me *
14. Making Waves *
15. Running Out Of Place To Go *
16. Hands (Acoustic) *
17. Running Out Of Place To Go (Acoustic) *
* Bonus Tracks


2002年にミシガン州フリントにて当時まだ15歳だったNick DienerとJonathan Dienerのダイナー兄弟を中心に結成されたTHE SWELLERSは、NOFX、BAD RELIGION、DESCENDENTS、NO USE FOR A NAME、LAGWAGON等のストレートなメロディックパンクを継承し、結成後まもなく3曲入りデモを製作し、ライブ活動をスタートさせる。

2003年に1stアルバム「End Of Discussion」をセルフリリース。当時はA WILHELM SCREAMやMUCH THE SAMEといったバンドとミシガンや中西部を中心にツアーをこなし、2005年にSearch And Rescue Recordsより「Beginning Of The End Again」をリリース。同年のVans Warped Tourの中西部とカナダ公演に出演する。2006年4月に日本のRadtone Musicより前作EPに5曲を追加する形で「The Swellers」として再リリース。同作が日本国内のみで4000枚を超えるセールスを記録。同年10月に渋谷CLUB QUATTROで行われたイベント@united vol.2で初来日を果たし、BETTER LUCK NEXT TIME、FASTLANE、TOTALFAT、FACT等と共演。

2007年にMark Michalik (INTO IT. OVER IT., FIREWORKS)をプロデューサーに迎えた2ndアルバム「My Everest」を同レーベルよりリリース。国内盤は前作同様にスマッシュヒットを記録。2008年に新作アルバムのレコーディングを機に現メンバーのRyan Collinsが加入し、その後当時SYDNEYでプレイしていた現メンバーのAnto Borosが加入。同年のAlternative Press誌の”100 Bands You Need To Know”に選出される。

2009年6月にFALL OUT BOYやPARAMOREでも知られるFueled By Ramenと契約後、Paper + Plastickと共同で「Welcome Back Riders」7″をリリース。同年9月にはFueled By Ramenより3rdアルバム「Ups And Downsizing」をリリースし、PARAMOREのBrand New Eyes Tourに帯同。その後はLESS THAN JAKE、MOTION CITY SOUNDTRACK、SET YOUR GOALS、H2O等とツアーを行い、初のヨーロッパツアーとしてGive It A Name FestivalとGroezrockへの出演やANARBORとTHE DANGEROUS SUMMERを迎えてのUKツアーを敢行。同年夏にはVans Warped Tourへの参加やFIREWORKS、TRANSIT、MAN OVERBOARDとのツアー、Riot Fest、The Fest 9への出演、YOUNG GUNSとのヨーロッパツアーなど1年を通じてツアーを行う。また、同年のSub City Recordsのコンピレーションアルバム「Take Action! Vol.9」とVans Warped Tour 2010の「Tour Compilation」に参加している。

2011年にもコンピレーションアルバム「Take Action! Vol.10」に参加し、同Take Action! TourにBAYSIDE、SILVERSTEIN、POLAR BEAR CLUB、TEXAS IN JULYと共に参加。同年9月にプロデューサーにBill Stevenson (DESCENDENTS, BLACK FLAG, RISE AGAINST)を迎えた4thアルバム「Good For Me」をFueled By Ramenよりリリース。同作リリース後はBROADWAY CALLSとINTO IT OVER ITを迎えてのヨーロッパツアー、YOU ME AT SIXとアメリカツアーを行う。

結成10周年となる2012年を迎えるとFueled By Ramenを離れ、Side One Dummy Recordsより「Vehicle City Blues」7″をリリース。同作リリース後はDEAF HAVANAとのヨーロッパツアー、THE EARLY NOVEMBER、THE WONDER YEARS、YOUNG STATUESとのアメリカツアー、LIVING WITH LIONSとMAJOR LEAGUEとのカナダツアー、STRUNG OUTとSUCH GOLDとのアメリカツアーを行い、同年10月に「Running Out Of Place To Go」EPをセルフリリース後、初のオーストラリアツアー、DIAMOND YOUTHとPENTIMENTOを迎えてのヘッドラインツアーを行い、The Fest 11にも出演し怒涛の1年を終える。

2013年に新たにNo Sleep Recordsと契約後、同レーベルより「Running Out Of Place To Go」EPを再発。同年はANTI-FLAGの20周年記念ライブ、Vans Warped Tourへの出演、STORY OF THE YEARとのブラジルツアーを敢行。同年11月にNo Sleep RecordsとICE GRILL$より2作振りの国内盤化となる5thアルバム「The Light Under Closed Doors」をリリースする。同作は地元ミシガン州フェントンのRancho Recordoにて2ndアルバムからレコーディングに携わってるMark Michalik (INTO IT OVER IT, FIREWORKS)とレコーディングを行い、セルフプロデュースで完成させ、ミックスはMarc Hudson (SAVES THE DAY, TAKING BACK SUNDAY)が担当。THE SWELLERSの持ち味でもあるパワフルで群を抜くメロディーとシンガロング、ピュアで誠実なパンクロックアルバムを完成させた。国内盤にはボーナストラックとして前作EP「Running Out Of Place To Go」を完全収録。

RIYL: NO USE FOR A NAME, A WILHELM SCREAM, JIMMY EAT WORLD, BROADWAY CALLS






Your recent history

Category

Bands

Recommended

Best sellers

Other page