After Tonight - "The Canary In The Birdcage" LP + "Statues" 7" or Tape

型番 IGJ-002A
販売価格 4,320円(内税)
購入数
LP + 7" or Tape

2013年1月にリリースし完売した「Statues」7"と超限定生産だったカセットテープを少量発掘!

AFTER TONIGHTの1stアルバム「The Canary In The Birdcage」LPとのセット販売のみとさせていただきます。

7"のヴァイナルのカラーはこちらでランダムに選ばせていただきますので
予めご了承下さい。

-----

"Statues" 7"/Tape
Track Listing //
01. Swords
02. Nest

"The Canary In The Birdcage"
Track Listing //
01. Cranes
02. Swords
03. Treehouse
04. What I Have is a Map, Not a Compass
05. Graveyards
06. Common Sense
07. Nest
08. 3.20
09. The Canary in the Birdcage
10. Frozen Fingers
11. Time Machine
12. Canvas

-----

※ダウンロードコード封入


2010年に東京にて結成されたAFTER TONIGHTは、BLINK-182、THE STARTING LINE、NEW FOUND GLORY等影響を受け、ポップパンクならではの真っ直ぐでキャッチーなメロディーと切ないギター・ラインをベースとした楽曲やハードコアのルーツも取り入れ、いくつかのデモを発表しながら都内を中心に精力的に活動を行う。

2011年6月に自身のBandcampにて新曲を発表するとすぐさま話題になり、これまで海外アーティストのリリースのみを行っていたICE GRILL$と契約。翌月には新たに3曲をレコーディングし、同年9月にICE GRILL$主催によるTHE STORY SO FARのジャパン・ツアーに出演。11月にICE GRILL$初の国内アーティストとして初の正式音源となる「The Lenses」EPをリリース。同作を引っさげ、FIREWORKSジャパン・ツアー、MAJOR LEAGUEジャパン・ツアーに立て続けに帯同し、POP DISASTER、COUNTRY YARD、LOYAL TO THE GRAVEなど様々な国内勢とも共演。 同年12月に初の自主企画”Lost At Sea vol.1″は大成功を収め、 アンダーグランドながらも国内におけるポップパンク・シーンを台頭する存在となり、アメリカやイギリスでも徐々にその名が浸透していく。

2012年初頭に大幅なメンバーチェンジを行いながら、ALLIANCE TRAX主催によるTITLE FIGHTとFOUNDATIONのジャパン・ツアー最終日のサポートや同年3月に行われたYOUR DEMISEジャパン・ツアーをSHARK ETHIC、SCRAFACEと共に帯同。その後現メンバーのアメリカ、リッチモンド出身のベーシストのPaul McKeeとドラマーにManabuが加入し、国境を越えたラインナップになる。同年4月にはA LOSS FOR WORDSとCLEAVEとのツアー、6月にはSET YOUR GOALS、ALCATRAZ、FOR A REASONとツアーを行い、その他にもIN HER OWN WORDSやHEARTSOUNDSのジャパン・ツアーのサポートも行い、数々の国内イベントにも出演。同年9月より新作のレコーディングに入る。同年はNO TRIGGERジャパン・ツアーの東名阪サポートやHANDGUNSジャパン・ツアーに帯同するなど一年を通じて様々なバンドとツアーを行う。

2013年1月に約1年振りとなる新作「Statues」を限定7″ヴァイナルでリリース。ICE GRILL$ STORE分と店頭入荷分は早々に完売となる。また、アメリカのNo Sleep RecordsとイギリスのBanquet Recordsに流通する。同年2月にはCHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK!とのツアー、3月にはSUCH GOLDとLIVING WITH LIONSとツアーを行い、同年4月には完売状態だった1st EP「The Lenses」が仕様も新たに再リリースされる。また、同年5月にはCOUNTRY YARDのツアーに出演。7月には初の東北ツアー、8月にはPUNKAFOOLIC! BAYSIDE CRASH、Volcom Entertainment Live Vol.4、THE WONDER YEARS Japan Tour Finalに出演。10月にはIN HER OWN WORDS / STICKUP KID Japan Tour Final、GRANDSIDE FESTに出演し、年内はCHUNK! NO, CAPTAIN CHUNK!とMAJOR LEAGUEとのツアー、MAN OVERBOARD、DAYLIGHT、KOJIとツアーを行い、COUNTRY YARD主催のBrotherhoodにも出演。

2014年3月にA LOSS FOR WORDS、PVRIS、WIND IN SAILSとのアコースティック「4 Way Split」をリリースし、全6ヶ所に及ぶリリースツアーを行い、同年4月に1stアルバム「The Canary In The Birdcage」をリリースする。現在、同作収録のリードトラック”Graveyards”をiTunesで先行配信中。同曲のミュージックビデオはRob Soucy (ALKALINE TRIO, POLAR BEAR CLUB, A LOSS FOR WORDS)が手掛けている。

RIYL: THE WONDER YEARS, FIREWORKS, JIMMY EAT WORLD




Your recent history

Category

Bands